相談の多い症状

花粉症・アレルギー薬

花粉症対策 初期療法について

症状がひどくなる前に、点眼や内服を早めにすることです。初期療法によって、症状をかなり抑えることができます。1月中旬ごろから、処方しておりますのでご希望があるかたはぜひ、ご相淡ください。晴れて気温が高く風が強い日は、花粉が多く飛びます。眼鏡やマスクで身を守り、帰宅時、流水で洗眼しましょう。

アレルギーを抑える目薬

抗アレルギー薬

かゆみや炎症をおさえる目薬ですが、最大の効果がでるのに約2週間かかります。花粉が飛び終わるまで、毎日点眼しましょう。まれに、しみることがありますが続けるうえで、苦痛でなければ点眼を維続してください。継続が苦痛であれば、他の目薬に変更しますのでご相談ください。

ステロイド薬

症状がひどい場合、抗アレルギー薬と一緒に点眼してください。2週間以上連続して使用する場合、副作用チェックにいらしてください。ごくまれに、眼圧が上がる副作用がでることがあります。その他の副作用は、短期間であれば心配はありません。症状がひどい場合は、我慢せず使用した方がよいでしよう。

アレルギーを抑える飲み薬

最大の効果がでるのに約2週間かかります。花粉が飛び終わるまで、毎日内服しましょう。それでも鼻の症状がある場合、点鼻薬もありますのでご相談下さい。または耳鼻科を受診してください。

コンタクトレンズ障害

コンタクトレンズは、直接目に入れるものです。どんなに素材がよくても眼にとっては負担になります。角膜(黒目)の酸素不足で、細胞が減少します。

一度失った細胞は再生しません

角膜は、透明な組織で涙を介して酸素を取り込んでいます。加齢やコンタクトレンズにより酸素の量が減ると角膜の細胞(内皮細胞)が減少します。
正常値は2500~3000/mm² です 。

角膜内皮細胞撮影装置

当院では、内皮細胞を検査し、コンタクトレンズの使用について適切なアドバイスをしております。眼の調子がよくても、定期検診を受けるようにしましょう。

ドライアイの症状と治療

個体涙点プラグ(写真左)
液体コラーゲンプラグ(写真右)

ドライアイ治療をおこなっています。いつでもご相談ください。

ドライアイ治療「液体コラーゲンプラグ」

ドライアイ治療「液体コラーゲンプラグ」 監修:ハマノ眼科 濱野 孝

ドライアイ治療の「液体コラーゲンプラグ」について説明します。

詳しい説明を見る

ページの上へ

相談の多い症状

  • 花粉症・アレルギー薬
  • コンタクトレンズ障害
  • ドライアイの症状と治療

診療時間

平日 9:30~12:30
14:00~17:00
土曜 9:30~12:30
休診日 木・日・祝日

※受付は午前12:00、午後4:30まで

当院は車イスでも検査・診療が受けられるようバリアフリーになっています。